暗い所で読めるのがスマホコミックの魅力

スマホコミックにはいくつかの魅力があります。その中でも暗い所でも読める、これはスマホコミックの魅力の部分と言えるでしょう。

 

なぜスマホコミックが暗い所で読めるのか?理由はとても簡単。それは端末に搭載されているバックライトのおかげです。

 

バックライトが搭載されていれば画面が発光しますので、明かりのない暗がりでも問題なく読書を楽しむことができます。

 

みなさんは眠れない時、布団の中で本を読みたいと思ったことはありませんか?本を読んでいると心が落ち着いてリラックスできるため、少しずつ眠くなってきます。

 

ですがまぶしいレベルで電気がついていると反対に目が覚めてしまいますので、眠りたい時には逆効果になってしまうことも。

 

しかしわざわざ読書灯を買うのも躊躇してしまいますよね。それほど使わないかもしれませんし、何よりも設置できるスペースを確保するのも大変です。

 

ベッドの隣にちょうどよくサイドテーブルがある家庭はそうそうないと思います。

 

夜に外にいる機会が多い方に最適

 

それから夜によく外出または帰宅などをする人にまでスマホコミックは役立ちます。例えば会社の帰りが遅くなってしまった時、駅のホームで電車を待っている間は暇ではないでしょうか。

 

いくらホームに明かりがついていても、夜になれば紙書籍だと見づらくなります。しかしバックライト搭載の端末なら問題なく読めるのです。

 

それからタクシーなど車の中、バスの中でも助かりますね。「暗い所での読書なんてあまりしない」と思うかもしれませんが、考えてみると意外に機会が多いのです。

 

なお、バックライトが搭載されていませんと、通常の紙書籍と同様になります。暗がりでは絵も文字も見えませんし薄暗いところですと読みづらくなるため気をつけましょう。

 

読む場合はマナーは守る必要がある

 

いくら暗い場所でスマホコミックが楽しめるとは言え、人に迷惑をかけるような行為はしないように。

 

例えば深夜バスなどで暗い場所でスマホコミックを読むとなると光が周りに漏れてしまうので迷惑をかけてしまいます。

 

ですので漫画などを読む場合はマナーは必ず守る必要があります。この場所で呼んでも大丈夫かなどを確かめてから読むようにしましょう。