そにしけんじさんのねこねこ日本史

アニメで配信されている猫ピッチャー。それを見ているうちに原作はどんななのかと興味をそそられ、思わず紙ベースの本を買ってしまった。

 

なんだか「買いたい意欲」を誘われる話なのである。その原作者は そにしけんじ。そにしけんじの書いた漫画を探すうち「ねこねこ日本史」を発見!

 

これまた面白い漫画なので、取り上げたという次第。「ねこねこ日本史」は四コマ漫画の形式で、日本史の中でもおなじみの重要人物について漫画で書かれたものだ。

 

でも「登場する」のはすべて猫。というものである。画風からしてそうなのだが、一時を風靡したヘタウマっぽい画風であるのがまた、内容といい具合にマッチしていて良い。

 

癖のある面白さが良いねこねこ日本史

 

そんな「ねこねこ日本史」の内容はというと…まず、もくじを見ると「風雲!ねこねこ日本史 卑弥呼」「飛べ!ねこねこ日本史 聖徳太子」から始まり、開け!ねこねこ日本史 坂本竜馬まで、総勢12名がずらりと並ぶ。

 

例えば早速本書の二番目にあたる、飛べ!ねこねこ 聖徳太子を見てみる。馬小屋で生まれたとされる聖徳太子の早熟な天才ぶりを猫で表すと、例えば…二歳にしてお経を唱える!

 

というくだりの四コマは、制覇と題してあって、ニャムニャムと庭先に向かってつぶやいている聖徳太子…それを「おおーお経だ!!」と言って驚きかつ喜ぶ父と「そうかしら」と冷静に言う母がいて、次の「7才にして」という説明書きのコマには、広げられた経典(巻物を広げた物が何本かある)の上に次々に「たん、たん」と箱座りする聖徳太子!

 

最後の一コマで仏教の経典 数百冊を制覇!と説明してある。文字だけではこの面白さのニュアンスが伝わりにくいのがはがゆいが、目で追いながら絵とともに読んでみると、思わずニヤリとしてしまったりする。

 

興味が湧いて歴史を楽しめるねこねこ日本史

 

ねこねこ日本史のような漫画を読むと、歴史を丸暗記する憂鬱、勉強のための勉強というものではなく、いろいろな逸話やさまざまな事実関係の因果など、興味を惹かれて止まない面白さから歴史をひもといていく楽しさについてふと考えてしまう。

 

因みに各話の終りに「ためになる(かもしれない)かいせつ」がある。それぞれの人物の、短いが事実とされている説明がついているのだ。

 

例えば聖徳太子についてのシメの部分には「数々の伝説がある古代史のスーパースター。それが聖徳太子です。なぜそんな伝説が生まれたのかというと、聖徳太子は仏教を日本に広めた最重要人物だから」というふうに、聖徳太子の生涯の一部が噛み砕いて書かれている。

 

いかにも本編の史実版のまとめのような文章だ。ちなみにこの部分はそにしけんじではなく、他のひとの筆によるもの。

 

猫の習性を交えながら、日本史のほんの一旦ではあるけれど、こんなことがあったとさ、こんなひとがいたんだよ、そんな昔話を聞かされているような風情がなんともイイ。

 

日本史を始め特に歴史に興味があってもなくても、猫好きでもそうでなくても、のどかな雰囲気にのみこまれ、自然な流れで読み進んで行ける。

 

そしてついつい熱中して読んでしまう、不思議な魅力のある漫画こそ「ねこねこ日本史」だ。

 

四コマで構成してあるのが、却ってこれまた、はまるというか、いかにもこの漫画に相応しい感じなのだ。

 

何もかもぴったりくる、なごみの漫画というような内容についついハマってしまう。

関連ページ

碁娘伝
独特な作風が良い感じの碁娘伝の漫画について。
ハンターハンター
ハンターハンターの漫画紹介。面白さが感じられる内容が良い点です!
ダイヤのA
お勧め漫画として野球漫画のダイヤのAがありますので内容を紹介します。
天は赤い河のほとり
篠原千絵さんの作品「天は赤い河のほとり」は読み出したらとまらなくなるような作品です!
東京アリス
有栖川ふう主役の東京アリスという人気少女漫画がありますので取り上げてみます。
忍者ハットリくん
かなり懐かしいかもしれないですが忍者ハットリくんはアニメで有名ですが漫画もお勧めです!
沈黙の艦隊
国家として独立する沈黙の艦隊の漫画について。
信長協奏曲
2014年何かと話題の漫画「信長協奏曲」を取り上げてみました。
腹話術師
つげ義春の腹話術師は怖い部分もあり興味がそそられるような漫画になっております!
進撃の巨人
大人気漫画の進撃の巨人はやはりおすすめ作品の中でもTOPクラスになっていますので是非読んでいただきたいです!
PLUTO(プルートウ)
漫画「PLUTO」は素晴らしい作品ですので是非読むことをお勧めします!
蟲師(むしし)
好きな方も多い漫画「蟲師(むしし)」の情報。
じゃりン子チエ
かなり昔の漫画ですがじゃりン子チエはアニメもいいですが漫画も面白いので紹介します。
GANTZ
映画にもなったGANTZの漫画。読んでみると良さが分かります!
河より長くゆるやかに
現在でも色褪せない漫画「河より長くゆるやかに」の情報です。
男の華園
あまり知られていないかもしれませんが「男の華園」という漫画もおすすめ出来ます。
ねずみ男の冒険
漫画でねずみ男の冒険は他の漫画にはない部分が多く見られるのでご紹介します。
宇宙兄弟
人気漫画になっている宇宙兄弟を取り上げてみました。
境界のRINNE
高橋留美子先生の漫画の境界のRINNEは素敵な作品になっていますのでお勧めです!